さくら bar 日誌

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

術後1ヶ月診察

20:15 | 顎下腺/耳下腺腫瘍 | comments(0) | trackbacks(0)
退院してから初めての診察がありましたん
いつもは2時間待ち覚悟なのだが、なんとほぼ待ち時間なしで呼ばれた
入院ちうはイチロー先生が主治医だったが、外来は元主治医のリーゼント教授に戻った

まずは病理検査の結果ですな。術前の細胞診通り、良性の多形腺腫でした
細胞診では良性だったけれど、細胞診検査の精度は9割ほどということで(ネットで調べた)、
もしかして悪性(がん)だったらどうなるんだろう、と不安になり
いろいろ調べましたわ。放射線照射と抗がん剤(点滴?)がメインなのね。
照射は日焼けで皮膚がただれたり口内炎ができたりするらしい。
抗がん剤の副作用の辛さは知っての通り。だから結果聞くまで密かにガクブルでした。

診察は、触診と傷の具合を診てもらった。
後ろの方の傷が引き攣れてる(というか皮膚がたるんでるように見えるのだが…)
のは、2回手術してるからだろうねと言っていた。ああ、そうなのかな。
あとは麻痺を診るため、変顔をいっぱいやらされたw
おでこにしわ寄せたりハナをふくらませたりw
「う」と「い」の口をするとやっぱりまだ左下唇が動きにぶい。
でも、以前よりは全然よくなってきている。

頬の感覚も日に日に戻ってきていて、ちょっと前までは輪郭部分がぞわぞわして
気持ち悪かったのに、それもかなり弱まって普通になってきた。
まだ違和感は少しあるけど。

テープは「3Mのマイクロポア」ってのを通販で買って使ってるねんけど、
リーゼント教授は、ワタシの傷は一本線だから幅が狭いやつでも隠れるし
そのほうが周りの肌がテープかぶれしないからいいって言ってた
確かにワタシは肌がかぶれるみたいなので、鋏で切って細長い半分にしようかな、、、
あと入院してるときイチロー主治医は退院後テープ交換を毎日するよう言ってたケド、
教授は毎日は取り替えないほうがいいと言ったので、今まで通り
3日置きくらいにしとこうっと。傷に刺激になるのかな?
紫外線があたると傷が色素沈着を起こすのでテープ貼りは秋までやるように、とのこと。

傷が黒っぽい(かさぶたかも)のが気になってたねんけど、
そのうち時間が経てば赤っぽくなって目立たなくなるらしい。



首に2本、元々横にしわが入ってて、上のしわに沿って切ってもらってます。
茶色のマイクロポアテープをしてるとこんな感じ。遠目では分かりません。
携帯なので写真悪いですが、首の真ん中に丸いしみみたいなのがあるけど、
それがテープかぶれのための水ぶくれ痕です。その他の点々はほくろw

これからの通院予定だけど、多形腺腫は再発の可能性があるということで、
長めにフォローアップすることになりました。2年くらいみといて下さい、と。
で、つぎの診察はいきなり7月になったw
まぁそれまでに何かあったら病院行くけど、おらシンパイだお、、、
いまのところ食事時に起こる合併症はないみたいだけどまだ術後1ヶ月だもん

JUGEMテーマ:健康

入院 day10(顎下腺/耳下腺腫瘍#14)

16:47 | 顎下腺/耳下腺腫瘍 | comments(0) | trackbacks(0)
昨夜は頻繁に起きてしまい、計4時間も眠れていない感じ。
夜勤担当の看護師さんが覗きにくるたんびに起きてるタイミングで、
眠れないけど頑張ってみます、と何度か話した。

傷は、1回目の手術で腫れてたところらへんに違和感があった。
手で押さえてみると、熱を持っているような。なんぞこれ。
夕方にイチロー主治医がやってきて、また傷の確認だけしてくれたけど、
そのとき触診して「あれ?熱ある?」って訊いてきた。やっぱりか。
痛くはないんだけどね、、、引き攣ってるからヒリヒリするんよ。

首の水ぶくれはもうはち切れんばかりに膨れ上がっております。怖い。

昼ごはん



・白ご飯
・絹揚げの野菜あんかけ
・キャベツのオイスター炒め
・もやしのナムル

絹揚げ好きなんです。お豆腐とか薄揚げはもっと好き。
全体的に薄味なメニューだったので、鮭フレークをご飯にかけました。

あまりにも暇すぎるので散歩に出掛けた。そうだ、屋上庭園に行こう。

シッパイしました。2月の寒空をなめてました。
ルームウェア一枚にニットカーデを羽織っていったんだけど、
こんな極寒の下、人っ子一人いませんwww
眼下に見える工事中の殺風景な様子もびゅーびゅー吹いてる寒風に拍車を掛け、
早々に退散せざるを得ませんでした。

帰りにコンビニに寄ってぶらぶら。昼間は混んでるニャー

もう部屋でぬくぬく大人しくしてよう。うん。
と横になってテレビを見ていたら、つーーーーーーーーーと何か冷たい感触が。
あっっ!水ぶくれがつぶれて水が出てきたぁーーー
急いでティッシュで押さえ、ナースコールをした(つぶれたら呼ぶよう言われてた)。
どうやら水ぶくれちゃんはじぶんの重みに耐えきれず自爆したようだ。
しかし、少し水が出てしぼんだだけでつぶれてはいないので、
とりあえず様子見ようということになった。なんだ。

夜ごはん



・スパゲティミートソース
・パンプキンサラダ
・小松菜としめじのおひたし

待ちわびたスパゲティがキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
うーん、期待しすぎました。温かいけどアツアツではないし、
肉はぼそぼそしててやはりそこは病院食。そこそこのお味でした。

いつもナースステーション前の部屋で愚痴をこぼしまくってるおじいちゃんがいる。
看護師さんが話を切ろうと奮闘するが全然終わる気配なく毎回長話が廊下に響くw
あれ?きょうは様子が違う。仕舞いにゃおじいちゃん激高して、
看護師さんにむかってアフォアフォ言ってる。。
他の看護師さんも応援に駆けつけたみたいだけどだいじょぶか。

JUGEMテーマ:健康

入院 day9(顎下腺/耳下腺腫瘍#13)

22:17 | 顎下腺/耳下腺腫瘍 | comments(0) | trackbacks(0)
朝起きたら、水ぶくれが巨大化していてまるでドラえもんの鈴のよう。
もういつ破れてもおかしくないぞ、これは。

えーと、きょうのぶんから朝ごはんの写真がありません。
あまり代わり映えしないので撮ってもしゃーないな、とw

午前ちう、リーゼント教授センセ(元主治医)が部屋まで様子見に来てくれた。
ワタシはこのセンセが大好きなので、朝から顔を拝めてこの日一日うきうきしていたw
気になる唇の麻痺は、そのうち治るから心配せんでよろし、とのこと。
癒されるわー

お昼前にシャンプーイベントをこなした。
予約時間は30ふんしかないので、時間になったと同時にシャンプー部屋へ突入。
急いでシャンプーを泡立てようとするが、髪が汚れているためか、
さっぱり泡立たないので焦るw
無理矢理流してトリートメントした。さっぱり。

昼ごはん



・白ご飯
・アジの焼いたの
・白菜の酢漬け
・ブロッコリーの胡麻和え
・しょうゆ

このしょうゆはいったい何に使うのか。悩みまくって結局使わなかった。
アジの付け合わせの粉ふきいもだろうか。いや違うな。しかしかけるものがない。

イチロー主治医の診察。首のドラえもん鈴を見るや笑われたw
きょうはテープ張り替えなしで、口の動きの確認のみ。
もしシャワー浴びてテープがはがれてきたら、看護師さんに言って、
テープ貼り替えてもらって、と言われたけど傷痕にシャワーなんて怖すぎる。
あと3日くらいで退院できるそうだ。やたーーーー
しかし、この三食昼寝つきだらだら生活も名残惜しいものあったw

夜ごはん



・白ご飯
・豚肉の三色ロール巻き
・切り干し大根の煮付け
・ほうれん草のおかか和え
・味噌汁

入院食で、汁物は結構重要だと学んだ。一汁一菜でも三菜でもいいけど、
汁がついてるとついてないじゃ気分もぜんぜん違う。
これからは毎食汁物を用意するよう心がけたい。

傷痕も水ぶくれも気になるが、それに輪をかけて気になるのが頻尿です。
実は全身麻酔で導尿してからずっとトイレが近い。
最初は点滴のせいだと思ってたんだけど、点滴が抜けてもまだ治らない。
ベッドに寝たり起きたりするとき首の傷に障るのが嫌だったので、
とりあえず起きてるときにちょっとでも尿意があったらトイレ行ってたから、
その癖が抜けないんだと思って我慢するようにした。
でも我慢できずにトイレに行ってはあまり出ない、てのを繰り返してた。
退院後はすっかり治ったんだけどね。膀胱がおかしくなってたのかな。
ふだんはトイレ遠いひとだったので(1日3回くらいしか行かない)、
ギャップに戸惑ってました。

JUGEMテーマ:健康

入院 day8(顎下腺/耳下腺腫瘍#12)

12:23 | 顎下腺/耳下腺腫瘍 | comments(0) | trackbacks(0)
昨夜もやっぱり何度かは起きたけれど、前日よりは眠れた。
だんだん頬のしびれが落ち着いてきている。傷の痛みもほとんど感じない。
それよりかぶれてないかのほうが気になる木。

朝ごはん



・ロールパン
・ピーナッツジャム
・野菜の炒め物
・りんご
・オレンジジュース

りんごは、まだ口を大きく開けるのが怖いので残した。
あと、左の下唇が麻痺してるせいか、咀嚼した食べ物が
左下の歯と唇のあいだに溜まる…

きょうはシーツ交換の日だった。おばちゃんが2人1組で病室をまわって、
手際よく交換していた。寝転ぶとぱりっと糊のきいたシーツが心地よい。

ちなみに毎朝お掃除のおばちゃんが3人やって来る(日曜はお休み)。
拭き掃除のひと、ゴミ捨てるひと、水廻り&床モップのひと、の3人。
拭き掃除のひとは話振ってくる陽気な大阪のおばちゃんだった。
腰を曲げながらベッドの手すりや窓枠なんかを拭いてくれるんだけど、
あれは大変なおシゴトだよ。腰痛になるわー。

もう点滴もないし、いよいよすることがなくなる。
病棟に屋上庭園があるらしいので行ってみようかな。

昼ごはん



・白ご飯
・カレー風煮
・サラダ
・フルーツ寒天
・シーザーサラダドレッシング

なぜカレー「風」なのだ。カレーでいいやん。なんで薄めるのよ。
と憤りを感じながら食べたwおいしいんだけどさ。

お昼ご飯が終わってから首から下シャワー。
そろそろ洗髪したいのだが、まだ許可が出てない。

夕方、イチロー主治医の声がナースステーションのほうから聞こえた。
と思ったらイチロー主治医登場。きょうでテープ圧迫が終わった!
マイクロポアテープ(医療用の傷の治りを早くするテープ)を一枚、
ぺろっと貼っておしまい。
圧迫していたところがやはりテープかぶれを起こしていて、
病室に帰って鏡を見たら、圧迫テープの端に当たってた首の真ん中に、
見事な水ぶくれができ始めていた(泣)。これはキケン。

唇の麻痺は、月単位で見てください、長くて半年かかるひともいると言われた。
ひどいひとになると、口の横のほうれい線が消えて顔半分の全体が下がり、
水をくちゅくちゅするとだらーーーと流れてきてしまうとのことだった。
ワタシはまだ軽くて済んだんだなぁ。。

診察で身体全体のシャワーと洗髪の許可が出た。
首を曲げるのが怖いけど、明日シャンプーしよっと。

夜ごはん



・白ご飯
・蟹玉
・高野豆腐
・酢の物(だった気がする)

蟹玉うまし!!!!
酸っぱいあんは嫌いなのだが、酸っぱいのじゃなかったしー

入院 day7(顎下腺/耳下腺腫瘍#11)

21:11 | 顎下腺/耳下腺腫瘍 | comments(0) | trackbacks(0)
昨日は夜中の3じに傷が痛くて熱を発してるぽいので起きてしまった。
そっから眠れずもんもん。6時の起床時間になってから少し寝た。
もしかして圧迫のせいで肌がやられてるから痛いのかなァ
なんか痛みの性質が、あいたたた系からじんじんヒリヒリ系に変わってきてるんだけど。

朝ごはん



・黒糖食パン
・マーマレード
・白菜サラダ
・パイナップル
・オレンジジュース

ご飯のトレイをカートに戻しにいったとき、他のひとの食べ残しが見えた。
和食はベーコンエッグだ。えーーーー、パン食よりもしかして豪華なのかな。
ここで旅館の朝食を想像し、和食に変えてもらおうかと悩むが、
家でもいつも朝はパンだったし看護師に今更頼むのも面倒なのでやめた。

朝の点滴がなかった。もしかして今日点滴針が抜けるかもしれんとのこと。
やったーーーーーーーーーーー
ここんとこ針周辺の違和感が倍増してたんよね。たまに痛いし。

しかし暇ですることがないw
イチロー主治医の診察が終わったら散歩にでも行こうと思っていたが、
なかなか来なかった。午後なのかしらん。

昼ごはん



・白ご飯
・煮物(鶏肉、大根、人参とか)
・春雨サラダ
・厚揚げと茄子のなんか

ちょwwwB食指定してたのにA食がきたwww
スペインオムレツすんごい楽しみにしてたのにーーーーーーーーーーー
あまりのショックで献立を映せてないのでメニューもテキトーw
ご飯のあとは、ふて寝を決め込むw

結局、イチロー主治医は手術が立て込んでたらしく来なかった。
当直の女のセンセにガーゼ交換してもらった。もう洗浄はないのかな。
圧迫のテープはがすとき痛いかなと思ったけどそうでもなかった。
やっぱりこのヒリヒリ感はテープかぶれではなく傷の痛みなのだろうか。
そのあとやっとこさ点滴が抜けた。たぶんイチロー主治医の指示待ちだったのかな、
それにしてももっと早く抜いてくれよと思ったお。もう夕方やん。

針が入ってると思ったら、極細のチューブが2本、血管からするっと抜けた。
これで身体から管が全部抜けた。長かったなー
左腕をまじまじ見てると、最初の手術で手首横に間違って打たれた麻酔針の痕が
いちばんひどかったw周辺が青黄色い痣になってる。痛かったもんアレ

夜ごはん



・白ご飯
・焼き鮭、いんげん
・南瓜煮
・キャベツのおかか和え

コンビニに水を買いに行った。昼間はすごい混雑してるから夜行くようにしてる。
レジのところにあったピザまんが食べたいなーー

術後2週間

12:37 | 顎下腺/耳下腺腫瘍 | comments(0) | trackbacks(0)
ここで入院日誌はちょっと休憩。

きょうで2回目の手術から2週間と2日が経過。
退院後はマイクロポアテープを買って毎日お風呂のときに貼り替えるよう
言われたけど、テープがなかなか手に入らなかったし、貼り替えは毎日でなくても
構わないと聞いていたので、退院後4日程度そのまま放っておいた。

主治医からは傷跡はキレイに治ってきてると言われていたけれど、
手術2回やってるしなんだかグロそうで見る勇気がなかった。
でもテープの端がはがれてきてたし、注文してたテープが届いたので、
恐る恐る引っぱがした。

あらん?ホントにキレイだわ。フツーに怪我して切り傷ができただけみたい。

しかしひとつ気になることがあった。
それは、テープをはがす前から思ってたんだけど、傷が後方になるにしたがって、
傷の上の皮膚が盛り上がってるように見えること。
最初は腫れてるだけでそのうち戻るのかなァと思ってたんだけど。
違った。

手術する前、ワタシの腫瘍は大きいので、もし切って中を取り出して、
そのまま皮膚を縫合したら、いくら圧迫固定するとはいっても、
腫瘍ができる前から比べたら皮膚は明らかに伸びてんだし、
余ったぶぶんがたるんじゃうんじゃね?
て考えていた。

それだ。
形成外科じゃないんだから、きっと余った皮膚を切り落としたりはしてない。
前もって言っておけば、縫合を形成外科医にやってもらえたのかも。
ギモンに思うことは、あらかじめ医師に訊いておくべきだ。シッパイしたか。

皮膚のたるみは、初めてテープ替えをじぶんでしたあと、腫瘍のあった側の
左を下にして寝転んだりしてるうちに、よけい感じるようになってしまった。
その皮膚のたるみの部分が、首を動かすたんびに移動してる感触まである。
たぶん、自分のテーピングの仕方も悪かったんだと思う。
いまは、なるだけ伸びた皮膚の上を引っ張るように貼ってるから、
テープをしていると一時的にたるみが緩和されているようだ。
もしかしたらこれを続けているとましになるのかな。分からない。

そのたるみの上に、耳下腺の一部を切除したとこがへこんでいるので、
よけい目立つ気がするんよね。髪下ろしてたら見えないとこだけど。

左下唇の麻痺は、口体操のおかげかなんとなく治ってきてるように思う。
ほんとに、なんとなくだけど。
ただ、「い」の口をすると首の筋肉が引き攣れて嫌だからさぼり気味w

家に籠ってひととしゃべってないから麻痺は意識せずに済んでるだけかも。
しゃべると麻痺してるのがじぶんでも分かるから。

昨日、首を触ってたらドレーン痕のかさぶたが取れてびびったわ。でかくて。
そんで、術後出血についてぐぐったら出てきた。合併症としてたまにあるらしい。

JUGEMテーマ:健康


入院 day6(顎下腺/耳下腺腫瘍#10)

17:30 | 顎下腺/耳下腺腫瘍 | comments(0) | trackbacks(0)
きょうは週に一度の教授回診の日。
入院した日に看護師さんが言ってた通り、診察室の前に、
椅子がずらりと並べてあって、そこに患者が順に座り、
診察のひとが中へ呼ばれるたんびに一つずつ席を詰めていくのだった。
ワタシの前は頑固そうなおじいさんで、看護師に席を詰めるよう
催促されても「点滴があるから面倒くさい」とかいう理由で動かないw

回診じたいはものの3ふんで終わった。呼ばれて狭い診察室に入ったら、
10人くらい研修医か学生か知らんが教授の後ろにすし詰めで立っててワロタ。
畏まったイチロー主治医が教授にワタシの術後経過の説明をしていた。
その簡潔かつ要点を掴んだ説明っぷりに「やっぱり医者は賢くなきゃなれんな」
としみじみ思った。

部屋に帰ったら朝ごはんが漂着していた。

朝ごはん



・レーズンロール
・マーガリン
・キャベツサラダ
・ぽんかん
・オレンジジュース

まさかのダブルオレンジ攻撃の前になす術もなく撃沈。
てゆか、もともとオレンジとかぽんかんって、皮剥くのが邪魔臭すぎて、
おいしいのはワカルんだけど食べようとは思わないんだな。
誰かが剥いてくれるのなら喜んで食べるのだがw

さて、朝の点滴が終わったので、今のうちにシャワー浴びることにするが、
水攻めから我が身を守るため、看護師さんに準備してもらう必要があるのだ。

使用前



使用後



かっちんかちんやでーーー
シャワー終了後、この装備を取り外してもらうのにえらい時間がかかってしまい、
イチロー主治医が呼びにきてたのにお待たせしてしまってえらいすんません

処置室で首に入ってるドレーンを抜いてもらう。
痛くはないと思うけどちょっと気持ち悪いかも、と言われたが、
するっと一気に抜けたので拍子抜け。なにも感じなかったw
するとイチロー主治医が予想だにしなかったひとこと「ドレーンの痕、ひと針縫うから」
えっっっっっっっっ?!

またまた局麻がチクっと痛かった。後は麻酔効いててダイジョブだったけど。
イチロー主治医はながーーーーーーーーーい糸をあれやこれや引っ張ったりして、
器用に縫い終えた。
縫う前に看護師さんが覗きに来たんだけど、
看護師「あれ?もしかしてヘルプいらない感じですか?」
イチロー「うん」
と結局一人でこなしていた。できる男は違うぜ。

昼ごはん



・白ご飯
・シイラの漬け焼、人参、ししとう
・マカロニサラダ
・里芋の煮物

希望メニューの聞き取りにきたおばちゃんに「シイラって何ですか」って訊いたら、
お魚でした。またまたおいしくいただきました。

午後になってから両親と妹が面会にきてくれたりで時間が経つのが早かった。
妹が持ってきたコンビニスイーツがうますぎた(イチゴムース)。
ケーキなんぞを持ってこられてもボリュームがありすぎるので、
こういうプチスイーツがお見舞いには有り難いと思うお。

夜ごはん



・白ご飯
・中華風豚肉と野菜のケチャップ炒め
・もやしの胡麻和え
・具だくさん味噌汁

とはいえ、きょうになって、昼ごはんもそうだったんだけど、
ご飯の量がもの足りないですwww
恐るべしワタシの食欲。運動してないのにな。

傷の痛みだけど、たまに動いた時じーんとするくらいで大分ラクになってきた。
頬が勝手にしびれてくる症状は、この日はなくなっていた。
けっこう動き回ってた割に熱は落ち着いてて、
本格的な風邪になる前になんとかなりそうな気配だった。

入院 day5(顎下腺/耳下腺腫瘍#9)

14:28 | 顎下腺/耳下腺腫瘍 | comments(0) | trackbacks(0)
ここにきていちばんよく眠れた。食欲もりもり。
ガーゼがまた落っこちそうになっているw
きょうは日曜だけど、看護師さんに訊いたら、
イチロー主治医は日曜でも休日出勤してくることが多いらしい。
おお、助かった。しかし働き者の主治医にはアタマが下がります。

朝ごはん



・食パン
・イチゴジャム
・レタスサラダ
・缶詰の桃
・オレンジジュース

やっとぎゅうにゅうがどこかへ去ってってくれました
ここのパンはほかほかなんですお。もちろん焼きたてというイミではなく、
いい具合に温めてあるのです。ちょっとした心遣いが嬉しい。
あと毎朝サラダが出てくるのもちゃんとしたご飯って感じがして、
好感度大ですな。

一昨日にイチロー主治医に診てもらったとき、鼻カメラやったんだけど、
そんときイキオイよく消毒液がハナに入ったせいでハナがおかしい。
放っておけば治ると思ったけど、いまも右だけ詰まってる感がある。
おかしいなァ、とハナをかんだりしてたら、あれ?なんかワタシ熱っぽい?

体温を測ると、6度9分だった…
コレ、平熱5度台のワタシにゃ大した熱なんです。
ノドが痛いのは麻酔のせいかと思ってたんだけど、
きっと風邪のひき始めに違いない。ヤヴァイ。
なにがヤバイってインフルエンザの検査ですよ。ハナの奥をぐりぐりやられるの。
あれだけは避けたい。きょうこそベッドで寝て大人しくしてよう。

イチロー主治医がぶじやってきてくれて、手際よく傷を洗浄し、
ガーゼを貼り替えてくれましたん。
傷も治ってきてるし、腫れも引いてきてるって。
このぶんだと明日ドレーンも抜けそうだとか。
やっぱガーゼ交換も上手いんだわ。スッキリー

昼ごはん



・白ご飯
・肉団子
・小松菜とじゃこの炒め物
・茄子の煮浸し

にくーーーーーーーーーーーーー。うまし!!

もいちど熱を測ったら0.1度下がっていたwこのままがんがって寝てよう
することないのでケータイばっかいじってる

アタマを4日洗ってないので地肌が汚れてきてる
「水のいらないシャンプー」のスプレー式のを買ってきてたので、
とりあえず腫瘍のあった左側にかからないよう右に集中してしゅっしゅっ
イキオイよく噴射してしまい、細かい霧が全体にかかってしまい焦るw
もみ込んでタオルで拭くと、なんとなくすっきりした

が、鏡を見てると、フシギなことに気づいた
ワタシの腫瘍ってかなり大きくて、切る前は、
下は首の中心のすぐ左横あたりから、上は耳たぶの下まで、
卵をはんぶんに切ったようなのがででーーんとくっついてたんだけど、
上の縫った痕が、どうみても耳たぶのかなり下3〜4cmくらいまでしかないみたい。
つまり、予想よりだいぶ傷が小さそうなのである。首にほぼ横一直線なの。
術前にはこのあたりまで腫瘍があったのになァ、と思って耳たぶの下を
つつーーっと恐る恐る触っていたら、皮膚の下を液体が流れてる感覚が!!1!

わわっ、なんか余計なコトしちゃった?!どーしよ
しかもさっきから頬のしびれて感覚がにぶいところが、勝手にじーんと
するんだけど(5秒くらいでいったん終わる)関係あるのかな

こわごわ頬をなでると、、、
あれ!手術後まるで他人の頬みたいな違和感があったのだが、
明らかに感覚が戻って右側と同じ感触になっていた!治ってきてる!
左の耳たぶも変な感触だったのに、右と変わらないくらいに戻ってきてた。
ばんじゃーーーーい

まだ顎から耳たぶにかけての輪郭ラインは触るとぞわっとして少し痛いけど、
これもそのうち治ってくれるんだろう、と待つ余裕が生まれた。
あとはまったく変化のない左下唇の麻痺だな。
早口でしゃべったり笑ったりすると、口がゆがんでるのが自分でも分かるのよ。
これはもっと時間がかかるんだろな。仕方なし。

そして気づいたらまたもやガーゼに浸出液がしみ出してきていた。
さっきガーゼ替えてもらったばっかりなのに早すぎ(涙)
やっぱり触ったのがマズかったのか、、、はうあ

夜ごはんー



・白ご飯
・炊き合わせ
・白菜と人参の和え物
・かき玉汁
・りんご

がんもどきってキライなんだけど、なんか美味しそうだったし、
炊き合わせの中でもエビと一二を争うメイン感だったので食べた
よく煮汁を吸っておいしゅうございました

入院グッズ(顎下腺/耳下腺腫瘍#8)

14:19 | 顎下腺/耳下腺腫瘍 | comments(0) | trackbacks(0)
これは持ってけ
※入院パンフに載ってるよなのははずしてあります

・ティッシュ一箱
 小型のやつで充分だけど、何に使ってるのか分からないほどとにかくよく使った

・ルームウェア
 パジャマは術後2日くらい着てたけど、あとは前開きのルームウェアを着てました。
 点滴のとき袖が長いと邪魔なので7分袖がベスト。病棟は暖かいのだけど、
 院内をうろうろするときにはニットの羽織ものを使用。

・S字フックが2個ついた小型プラスチックかご

 

 100圴で売ってるやつです。携帯やペットボトル、ティッシュボックスを入れて
 ベッドの手すりに引っ掛けてました。手術直後は動けないので重宝。おすすめ。

・ストローキャップ+ストロー
 これも100圴で。唇が麻痺したときにはペットボトルから直接は飲めないとおも。
 
・のどあめ
 全身麻酔で声が枯れるので必須

・カトラリーセット
 ちゅうい:組み立て式は面倒ですお…

・小型サーモマグ
 給湯室が遠くて面倒だったので、あんまお茶飲まなかったんだけどね

・小さいスポンジとふきん
 スポンジは洗剤がいらないやつがベター。お箸やマグカップを洗うのに使用

・化粧水入りコットン、シートの洗顔料
 術後しばらくは、ばしゃばしゃ顔を洗うことはできないので重宝した
 とくにシートの洗顔料は盲点だった。たまたまコンビニで見つけて使ったんだけど、
 水につけてもみ込めば泡立つ仕組みで便利。

・赤ちゃんのおしりふき
 身体を拭くのに使ったけど、点滴さえ取れれば腰から下はシャワーできるので、
 一パックあれば充分だった。トイレに流せるもの。

・水のいらないシャンプー(スプレー式)
 地肌だけでも拭けばすっきりします

・鮭フレーク
 全粥は味がないので持っていきましょう。100均に紙袋入りのがあったお

・文庫本
 暇です。かさ張るので文庫本1〜2冊。病院には小さい図書館もあったので利用。

・イヤホン、iPod
 廊下の声が響いてきて眠れないときに。大部屋のひとはイヤホン必須(テレビに使う)


これはいらんな

・くつ下
 退院の日以外、一度も履かなかったw

・チューブトップ
 腹巻きにもなるやつを下着代わりに着ようと思って買っていったが結局着なかった
 ふだんのインナーキャミで充分

・S字フック
 よく入院便利グッズとしてネットで紹介されてるので大中小取り揃えていきましたが、
 そもそも引っ掛けるところがベッド横のパイプしかなかったw
 あ、そだ!いっこだけ、棚の横のタオルを掛けるところに引っ掛けて、
 身体を洗うバスリリーを干してました

・お茶パック
 これもいろいろ持ってったのだが、なんと給湯室でお茶が汲めたw
 お湯が70度〜80度くらいなので紅茶も作る気が失せた

・置き時計
 けんけつちゃん置き時計が動かないので(泣)、腕時計をベッドのパイプに括りつけて代用。
 てゆか携帯があればいらないですね

・PSP
 暇つぶしに、と思って持っていったけど、いつ診察で呼ばれたりするか分からないから
 RPGはセーブポイントの近くから離れられないしw、恐る恐るやっていた。
 まぁじぶんが神経質だからだろうけど。結果、あまり使わなかった


その他:
 院内にコンビニがあったら、入院した日に水、ポカリ、プリンやゼリー類(とくに
 ウィダーインゼリー)を買って冷蔵庫へ。麻酔後、気分がすぐれなかったり、
 術後の痛みで食事ができなくても、ゼリーならおkなはず

入院 day4(顎下腺/耳下腺腫瘍#7)

11:15 | 顎下腺/耳下腺腫瘍 | comments(0) | trackbacks(0)
手術というめいんえべんと(2回もいらんけど)が終了したので、以下、
退院まで病院食をフィーチャーした日誌になりますw

昨晩は、何度かトイレに起きたりはしたけどわりと寝つけました。

朝ごはんー



・ロールパン3個
・コールスローサラダ
・バナナ
・牛乳

いきなりパンが出てきたのでわろた。おかゆじゃないんかいっっ
でもお腹がすいてたのでパン1個を残してもりもり完食。
口が開きにくいとか、そういったことはありませんでした。

診察は、きょうは祝日だので当直のセンセにやってもらう。
若い女のセンセ&助手のコンビ。
感染を防ぐため、まず傷を洗浄するのだが、
シリンダー式の注射器に装置をつないで傷に噴射していた。
痛くはないんだけど、なんか気持ち悪い…
傷自体はキレイに治ってきてるそう。よかった。
圧迫固定して終わり。この圧迫がキツくてテープかぶれしてしまった。
#圧迫は、腫瘍のあった空洞を平らにするためにやるんだとおも。
そんなに肌弱いほうじゃないねんけどね。

傷の痛みは、じっとしているときにはないねんけど、
寝たり起き上がったりの姿勢を変えるときに首に力が入るので、
そのときに痛みがあるねんな、これが。
首の筋肉がぴきっっっ!ってなって傷に響くのですな。

昼ごはんー



・全粥
・千草焼き(?)、いんげん豆
・じゃがいものきんぴら
・中華風酢の物・春雨

千草焼き、ってのは大きな卵焼きにそぼろ肉が入ってる和風オムレツでした。
これがとってもおいしかったのー。
しかもじゃがいもも好きだから、きんぴらもがつがついってしまいましたw
春雨サラダは病院食定番メニューらしく、何度もお目にかかることに。

病院食のメインおかずは、魚、肉、卵料理のローテーションでした。
A食B食からの選択なので、毎週2回、栄養部のおばちゃんが
希望を聞き取りにきてくれました。
B食は洋食中心の若者向けメニューで20えん差額上乗せ。
献立を見ると、オムライスやハンバーグなどの豪華メニューもちらほら。
#しかし、結局両方とも食べる前に退院になってしまったのであった。

夕方になって点滴が一時的だけど取れた。
点滴は、昨日の手術後から、フツーの点滴に加えて、
朝9時と夜9時に抗生物質(各30分)、2時半にステロイド点滴(1時間)が開始。
ぐぐると、術後すぐのステロイド点滴は麻痺を治りやすくするらしく。
点滴棒に袋が複数ぶら下がってるのは鬱だけどw

点滴が一瞬取れても終わったワケではないので、点滴針の器具は
左腕にくっついたままです。早く取れてほしーよ。
でも、これで着替えをしたり食後にお盆を下げたりするのに
いちいち看護師さんを呼ばなくて済む!

あと、2回目の手術後、ドレーンがガーゼの中に収まってるので、
ポシェットぶらぶら下げてうっとおしいってことがなくなった。
これはらくちんですお。
でも、浸出液の重みでガーゼの上のほうのテープが取れかけて、
夕方看護師さんに伸びるテープで補強してもらったけど、、、

夜ごはんー



・全粥(赤飯)
・鯛のかぶら蒸し、オクラ
・ほうれん草のおひたし
・味噌汁

赤飯のお粥なんて初めて食べました。
ちゃんとごま塩までご丁寧に添えられてて、うまし!!

ワタシは個室なんだけど、ナースステーションにわりと近い場所なので、
毎日誰かが同室のひとが煩いと看護師さんに訴えてるのをミミにしましたw
その訴える声のが煩いんですけどw
患者さんは年齢層高め。50〜60代中心かな。
耳鼻科なので、患者さんが咳き込んで痰を出してたりする音が夜中によく響いて、
シンパイになりました。。
 1/2pages >>